銀座カラーはシェービングに厳しいの?

脱毛サロンでは、施術前に自己処理をしていかなければいけないと決まっています。
自己処理がしっかりできていないと、照射してもらえないことがあります。
銀座カラーは、特にシェービングが厳しいという口コミも多いので、念入りにシェービングしておく必要があります。

 

それでは、銀座カラーのシェービング対応について見ていきましょう。

 

銀座カラーのシェービングプラン

契約しているコースによって、シェービングにかかる金額が違います。
プレミアムファストパスの場合は、剃り残しがあっても無料でシェービングしてもらえますし、さらにはシェービングをして照射もしてくれます。
通常の脱毛コースの場合は、剃り残しがあった場合は照射してもらえません。
剃り残し部分を避けて照射されるので、非常にもったいないです。
ただし、後日予約が取れれば照射してもらうこともできます。
とはいえ、やはりその場で照射してもらえないのは時間ももったいないので、剃り残しがないようしっかりチェックしておきましょう。

 

手が届かない部分は?

襟足・背中・お尻・Oラインのような自分で手が届かない部位が施術部位に含まれている場合は、無料でシェービングしてもらえます。
ただし、シェービングサービスを受ける場合は自分でシェーバーを持参する必要があります。
衛生面を考えて、銀座カラーではシェーバーは使いまわしをしていません。
シェーバーを持っていない場合は、銀座カラーで3,300円で販売しているので購入する必要があります。

 

銀座カラーで無料シェービングを受けるためには、自分のシェーバーを持参する必要があります。
忘れてしまうとシェービングできない=照射できないということになってしまいますので、必ず忘れずに自分のシェーバーを持参しましょう。

 

なんと!キャンペーン価格で契約するとシェービング料がかかる!

通常価格で契約した場合は、手が届かない部分は無料でシェービングしてもらえるのですが、スペシャルキャンペーン価格で契約をした場合は、手が届かない部分でも無料シェービングではありません。
1回のシェービングに3,000円かかります。
もし、自分の契約プランにシェービング料が必要かどうかわからない場合は、無料カウンセリングの時に必ず確認してください。
シェービング料は結構高額です。無料になるプランもありますので、じっくり検討してみてください。

 

銀座カラーのシェービングまとめ
  • 剃り残しがあった場合はその部分だけ避けて照射
  • プレミアムファストパスはシェービング無料
  • 通常価格は手が届かない部位のみ無料
  • キャンペーン価格は1回3,000円必要
  • シェーバーを持参しなければならない

 

シェーバーを持っていない方は、契約と同時に購入しておきましょう。
銀座カラーで購入しなくても、安いシェーバーは色々あります。
面倒な方は銀座カラーで購入してもいいですね。
他のサロンではあまり自分のシェーバーを持参するということはないと思います。
忘れてしまうと、剃り残しがあった場合に照射してもらえませんので忘れないよう持っていきましょう。

 

\ホームページからの予約が確実!/

https://ginza-calla.jp/form/